WBC 大敗韓国「国の恥の日」

大敗した韓国内では「国の恥の日」とまで言われているそうな。

この結果の直後に日本に「勝って当たり前」という気持ちはすでにないだろうから、戦う前に「日本に勝つ自信がある」と公言していたことへの悔し紛れ、ということじゃなかろうか。

ただ、まだ始まったばかり。
順当なら、まだ韓国と当たるわけだし、次の日韓戦はさらに気合を入れてくるだろう。

終わってみれば、「今回は最低のWBCだった」なんてことになる可能性もまだある。

ただ、今まで悶々としていたものがすべて弾け飛んだことは事実だ。

次は気持ちよく戦いに入れる。

今、相手を観察する余裕は日本にあるので、韓国のさらなる気合を空回りさせる方向でクレバーに戦いトドメを刺さなければならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする