vs中国 スコアレスドロー

またもや、サッカーファンを白けさせてしまった。

日本サッカーの病気といっていいと思う。

テクニックをいくら磨いたところで日本のサッカーはこのままでは強くならないな。

感性の問題だ。

ど素人の俺が何度も同じことを思い、言っているが、いつ見てもやっぱり感想は同じ。

相手ゴールの前でボール持ってちゃ点はいつ入るの。

日本のサッカーは別の競技みたい。

南米の、遊びから生まれたサッカーは発想が柔軟な楽観的スポーツ。

日本のサッカーは学校の授業で習う競技のサッカー。マニュアル通りで、相手ゴールにボールを入れればそれで勝ち、という単純さ(上の楽観的に通ずる)を忘れてしまっている。
という印象。

口でいくら言ったって変わらないものは変わらない。
強制的に矯正するやり方を探してほしいね。

頭の中が変わらないと日本のサッカーは弱いまんまだよ。

一度、

「○○しちゃいけない」とか
「○○しなきゃいけない」

縛りのルールで試合をやってみてもいい。

例えば、

相手のペナルティエリア内ではパスしちゃいけない、とか。

 
いつもストレス溜まるのは、
ゴチャゴチャしてる間にボール取られてシュートできないっていうパターン。

日本人の場合、ゴール前でボールを持ってから前を向いて相手を交わして、というのはチカラがないから難しいと思う。

人のいないスペースに送って、走り込んできてシュートとか、

ゴール前でパスを貰ったら極力シュートを打たないと、パスを重ねているうちに勢いが死んでくるのは自明の理なんだから。

決断力がないんだよな。

 
日本選手の弱点の一つに、当たり負けしてしまうというのがある。

マッチ棒みたいな選手ばっかり。

サッカー選手は上半身を鍛えちゃいけないの?

もっとガタイを良くして力ずくで持っていけるようになれば、攻め方も変わってこれるはず。

 
これが当たってるかは知らないけど、
強くなるために具体的に何が足りないのか分析できていないのは間違いないと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする