USBワンセグチューナー買った

■■■紛らわしいので以下ワードの定義をした上で・・・。■■■
★アンテナケーブル:
室内でワンセグTVを綺麗に見るためにTVアンテナコンセントとワンセグのアンテナを繋ぐ線。

★ワンセグアンテナ:
ワンセグから伸びてるアンテナ。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ワンセグチューナー買った。
ちょっとPCスペックは非力だが、安いし普通のテレビつけてるより電気代安そうだし。
買うに当たって、とりあえず自分のPCで使えるかとか、クチコミサイトなんかで調べるとどうもかなりのリスクはありそうだな。

ただ、商品自体の評価というより電波状況により思うように使えない不満が多いように思えたので踏み切った。

届いて早速ドライバやアプリソフトをインストールし、つないでみる。

「あれ、動かないよ・・・」

なんか最近このパターン多い気がするなぁ。

電波状況による画面の不鮮明さなら覚悟の上で、アンテナケーブルを買うつもりでいたのだが、その前にまったく映らない。

まず、チャンネルスキャンなんぞをやり、放送局データなどを取り込むのだが、ただの一局も出てこない。

何コレ?

ググってみたり、ワンセグアンテナの位置を探したり、ドライバやアプリのバージョンアップや再インストールなど試みたがダメ。

今回は、かなり早くに諦めた。
な~に、せいぜい2000ナンボの品。捨て置け!
アンテナケーブルを買い足さずに済んだと思えばよい。

俺のPCは本体USBポートの空きが1つしかなく、しかも背面にあるので使いづらい。
これがイチイチ操作を億劫にさせる。

4ポートUSBハブに4GBのUSBメモリを2つ繋ぎ、今回のワンセグで3つ目のデバイスだった。

諦めムードながら、なんとなくハブを取り外し、ワンセグを直接本体に挿してチャンネルスキャンしてみた。

「あ!できた!」

やっぱ、アレコレいっぱいくっつけてやってたからか・・・。

しかし、入った局はNHKと日テレ2局だけ。

映った瞬間、「綺麗ジャン!」と思ったが、やはり電波状況は悪く、アンテナ表示0~1本(最高5本)。だから画面がついたり消えたり。

やはり、アンテナケーブルを買う必要がありそうだな。
とりあえず映るだけ映ったのでスタートラインに立てた。

もう一度確認の意味で再びハブに繋いでセットしてみると

「*****」は高速USBデバイスで、高速ではないポートに接続されるときは速度が落ちた状態で機能します。

「*****」を取り外し、太字で表示してあるポートのどれかに接続してください。

なんていうダイアログが出た。
(「*****」はワンセグチューナーのデバイス名)

あらためて確認してみると、そうだった。

俺のUSBハブはUSB2.0未対応だったのだ。
どうせ、USBメモリしか使わないしと、ホームセンターで一番安いの買ったんだ。

ところで、このダイアログは初めは出なかったのに、なんで今頃?

USB2.0対応のハブを楽天で探しつつ、さらにわかったことがある。

なんとなく感じてはいたが、ハブは1ポートごとに繋がれた機器が電気をPCからかすめて使っていて、それらには上限がある。

USBメモリとワンセグを欲張りに繋いだ俺のやり方では動くわけもなかったのか。

このPCからかすめて動かす方式をバイパスモードというらしい。

対して、セルフモードというのもある。
これはハブにACアダプタを繋いでコンセントから電気を供給する方式。

こちらの方が、多くの電気を使うデバイスが扱える。というより、その手のデバイスを使う場合、必然的にコレになる。

USB2.0対応のハブを買っただけでは動かないだろうから、俺はセルフモード対応のハブを探した。

このタイプでも結構安いのあるジャン。

アンテナケーブル+セルフモード対応ハブをお買い上げ。

続く・・・。

今回のお買いモノ


いつでもどこでもTVを楽しめるUSB接続ワンセグチューナー
K-ONESEG/V2/U2 USBワンセグ
税込 2199 円


【デジ像 ワンセグアンテナケーブル】家の中でもワンセグをキレイに受信できる
地上波デジタル放送(UHF帯)を受信可能なら、劇的な効果があるらしい。
【送料込み】で1280円。


余分なケーブルをUSBハブ本体に巻きつけて収納できる4ポートUSBハブ
ACアダプタ付属でセルフパワー&バスパワー両対応。税込588円と安かった。