KO企画なんて潰しちまえよ

「パチンコ必勝法被害、来月に集団提訴へ 仙台弁護士会有志」

パチンコで必ず勝てる方法を教えるなどという虚偽の広告で、情報料をだましとられる被害が宮城県内で相次ぎ、仙台弁護士会の有志15人が被害対策弁護団(菊地修団長)を結成した。12月中旬にも、情報サービス会社「KO企画」に支払金の返還を求めて集団提訴することを決めた。

手口は、連絡をしてきた客を事務所に呼び、「言われた通りにすれば必ず勝てる」などと、うその操作方法を伝授。事務所内には大当たりしやすいようにあらかじめ出玉設定を変えたパチンコ台を設置し、信用を得ていたという。

情報料は1件あたり30万~50万円。教えた操作方法で負けた客から苦情が寄せられると、「次はこういうやり方がある」とさらに情報料を支払わせていた。

被害者は県内全域だけでなく、岩手県や福島県にも広がり、訴訟を依頼している被害者は約30人にのぼっている。

平成20年度に県と仙台市の消費生活センターに寄せられた攻略法詐欺に関する相談120件のうち、約半数がKO企画の被害者だという。

KO企画の攻略法をめぐっては、名古屋地裁が今年4月、約130万円の賠償命令を下したケースもある。弁護団の佐藤靖祥弁護士は「今回勝訴できれば、東北を狙った別業者の流入を防止できると話した。

KO企画は産経新聞の取材に対し「取材には答えない」としている。

問い合わせは、高田・奥山法律事務所(電)022・216・2260。

さ~てと・・・。

順番にいこうかな。

まず「KO企画」ね。これは古参ですな。昔からずっと広告出してる。中身は無論、デタラメ攻略法だろう。
だから今更何やってんのという感じだ。

苦情が寄せられると、「次はこういうやり方・・・」
完全に人をナメてますな。

「被害者は県内全域だけでなく・・・」
全国に無数にいますよ。こいつら長いから。

「消費生活センターに寄せられた攻略法詐欺に関する相談120件のうち、約半数がKO企画・・・」
今まで散々相談はあったと思うんだが、「消費生活センター」って何するところ?
電話かけてきた相手に注意喚起するだけならそんな役立たずいらないよ。

「KO企画の攻略法をめぐっては、名古屋地裁が今年4月、約130万円の賠償命令を・・・」
こんな賠償したところで屁でもないんだろう。詐欺を続ければいいんだから。

「今回勝訴できれば、東北を狙った別業者の流入を防止できる・・・」
KO企画をつぶさない限り被害者は出続けるけどね。

教わった「操作方法」通りにやって玉が出るなら、貧困自殺者なんかいなくなるわい。

今まで友人知人のおいしい話でお金儲かったことあります?
なんで見ず知らずの人間が、あなたにそんなことを教えてくれるの。

メーカーもパチンコ、パチスロの新台CMばかり流してねぇで少しは攻略法詐欺に真っ当な対応したらどうだ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする