59歳バスケコーチが中学生にハト殺し指示

「ハト殺せ!中学バスケコーチが部員に指示」

高知市の市立中学校で昨年12月、バスケットボール部の臨時コーチの男性が、合同練習で市内の県立高校を訪れた際、騒がしいとして部員にハトを殺すよう指示し、2年生の男子部員2人が首を切るなどして殺した。
池に沈められているハトに気付いた高校の教員が中学校に連絡。調査の結果、コーチの指示だったことが判明した。

コーチは中学から招かれ、59歳だった昨年4月から年間20日の予定で指導していた。
コーチは「駆除する意味で言った」と事実関係を認め、部員は「指示に逆らえなかった」と話したという。

鳥の鳴き声がうるさいからって練習ができないもんでもなし。

その程度の理由で「殺せ」と指示する方もおかしいが、従って実際に首を切って殺せる中学生もどうなんだ?

殺して池に捨てる神経もスゴイ。

動物虐待は犯罪でしょ?

コイツ他にも何かやってないか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする