鳥インフルエンザとか口蹄疫とか・・・

「福島で強毒性の鳥インフル検出 野鳥2羽から」

19日、福島県郡山市豊田町の浄水場で死んで見つかったカモの一種「キンクロハジロ」2羽から強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたとして、環境省は発見場所から半径10キロの警戒レベルを最高の「3」に引き上げ、監視を強化。周辺の野鳥の糞便を現地調査するという。

鳥インフルエンザとか口蹄疫とかしょっちゅう大騒ぎになってる。

これは撲滅できるものなんだろうか?

野鳥の死骸を調べて、ウィルスが見つかったとして警戒って、なんかものすごく不毛なことやってる気がする。

一言でいうと、「無駄な抵抗」というか・・・。

5年にいっぺんとか10年にいっぺんの流行りモノなら、全力で阻止してもカッコつくけど、こうしょっちゅうだと人間のやってることに意味ないんじゃないの?

放置すると、畜産農家に被害が出たり、場合によってはヒトに感染する可能性もあるからしょうがないんだろうが、ね。

すべて成り行きに任せたら、その次のステージを神様は用意してるかもよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする