魔が差した!運命的窃盗

免許更新に来て警察署内で窃盗 手続き待ってたら御用(朝日新聞社)
運転免許証を更新しにきた女性が署内のロビーに落とした財布を盗む。

女性は更新手続き中に財布がなくなっていることに気づき、署に訴えた。
同じ時間帯に更新手続きに来ていた容疑者に事情を聴くと、「知りません」と答えたが「車の中を確認させて」で、車内から財布が見つかる。

「できごころで盗んでしまった」。

財布を盗んだはいいが、更新手続きを終えていなかったため、帰るに帰れなかったらしい。

この日に免許更新に行かなければ・・・。
女性が財布を落とさなければ・・・。
更新手続きを済ませたあとに財布を拾っていれば・・・。

窃盗なんてせずに日常を真面目に過ごしていたかも?

もしくは、他にも大きな罪を重ねていて、見かねた神様が仕組んだものだろうか。

運命的なものを感じる。

福島県警浪江署は、
「泥棒は絶対に許さない。どこで起きようが、迅速に捕まえる」

警察署内で起こる部外者の犯行に対して、あえて言うことではないと思う。

警察の裏金に対する発言ならピッタシだけど・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする