韓国人はダメです!

「嫌韓発言で“国外追放”」

韓国の男性7人組の人気グループ「2PM」のリーダーで、米国出身の韓国人、ジェボムさん(22)が数年前、韓国を見下す発言をしたことが韓国のインターネット上で攻撃の標的に。

ジェボムさんが「韓国は最低」「韓国人が嫌いだ」とネットに書き込んだのに対し、怒った韓国のネットユーザーらが「売国奴」「米国に帰れ」などと批判。ジェボムさんはグループを脱退して韓国を出国した。

韓国紙、京郷新聞は、「過熱した愛国主義はかえって国家を無力化する毒薬となることを知るべきときだ」などと批判している。

個人間でのやり取りでなら、素直になれず、つい自分の非を棚上げに売り言葉に買い言葉で応ずることもある。

しかし、世論となると、冷静な意見がそれを軌道修正して、自我むき出しの主張ではなくなるもの。

韓国の場合、それがない。

自分に都合の悪いものは、事実であるかどうか、論理的に正しいかどうか省みることなく、感情のまま、これを抹殺しようとする。

日本人でも、アメリカ人でもない、米国出身の韓国人の言葉だ。

「韓国は最低」「韓国人が嫌いだ」の発言の根拠を聞けば「韓国人が外国人の目からどのように見えるのか」という客観的な意見があったはず。

臭いものにフタをしたところで、外国人の「韓国人観」を変えることはできない。

ギャーギャー騒いでも事実はひっくり返ったりしないよ。

話をしても無駄な連中と見られていることを知りなさい。

この風潮が韓国人にとって「不治の病」であるなら、韓国は間違いなく世界中の嫌われ者になるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする