韓国をもっと世界に・・・

「日韓歴史研究」

竹島シンポと同じ結果か。相手が韓国では発展しないね。

お互いの目的が違うんだから。研究なんてできない。

彼らの目的は真実の追究ではない。
日本に負けないこと。主張を日本に呑ませる事。

韓国って学者と言われる連中までこのレベルだから、
今何かをやろうったって無駄だよ。

もし、いくばくかの成果を得たいなら、客観的評価のできる第3国の人を複数人立ち合わせ、できるだけオープンな場で議論するとか。

勿論、買収などされない保証の元で。
裁判的手法だな。

最低限、彼らとのやり取りをすべて記録し、公開する。

客観的視線に晒すことだ。

 
対日という立場で物言えば、彼らは無理を主張し続ける。
そうすることが彼らにとって損になるような仕組みを作らないと。

とにかく、この国に関することは日本だけで抱え込むと疲れるだけなので
世界と共有したほうがいい。

 
何もしなくても自分で宣伝してしまう人たちだからそう難しいことではないし。

 
「日韓歴史研究・第2期報告書「まず攻撃ありき」 残る韓国側への批判と疑問」
「韓国に主観的歴史観、世論も変化 日韓歴史研究」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする