長谷川の試合はスカっとする

「長谷川の選択は…階級上げか? 防衛記録更新か?」

対ペレス戦。4回KO勝ち。

「自然に出たパンチ。だから、効いたと思う」と長谷川。

これで5戦連続のKO防衛。
直近の4戦は2、2、1、1と早いラウンドでの決着だっただけに「久々に疲れた」。

TV東京の「怪1グランプリ」なんて裏番組見てたので試合は結果のハイライトシーンだけ見た。

でも長谷川の試合はいつも一発で決まるのでハイライトだけでも十分だ。

逃げずに打ち合うスタイルは見ててスリルがある。

打ち合って相手のパンチを貰わないのは、技術を超えた強さがあるように思うな。
まさに切れ味の鋭い真剣のようだ。

長谷川の試合が1時間番組で内藤vs亀田戦が過剰宣伝の2時間というのもどうかと思うが、長谷川の試合はすぐ終わっちゃうのでこれでいいのか。

フルラウンド打ち合って倒れない試合と長谷川の試合は何が違うんだろう?
長谷川自身が言うように力を抜いて闘うからかな。

確かに内藤や亀田は力が入りすぎているように見えるけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする