週刊ポスト「TBS、フジの小沢一郎に関する報道に疑問」について

2011年の初記事がこんなの。

政治ブログじゃないんだが。

週刊ポスト2011年1月28日号の記事、

TBS、フジテレビの小沢一郎氏に関する報道には疑問だらけ

司会者の「そのお金はどこからくるんですか」の問いに解説役のジャーナリストが、「それは総理官邸の中にある機密費から」と述べたのである。

 司会者は「出たー!」と叫び、女性タレントが「それって税金ですよね」と怒りを露わにする――。
 

 この放映に対し同社広報部は「国対政治のお金のやりとりの原資が、官房機密費だといわれているという趣旨だった。小沢氏の資金の原資とはいっていない」と、意味不明の回答。

 さて、この放送を見てその通りに受け取った視聴者がどれだけいるだろうか。

そして、記事は最後に、これらは小沢に対する「悪質な名誉棄損」だと言っている。

放送内容が事実に基づかない風説であるのは問題だが、だから、「小沢一郎を叩くのは間違い」というなら、それは間違い。

結局、それぞれの立場でものを言うだけだね。

小沢を擁護するものはあらゆる点において小沢を擁護しようとする。批判するものはあらゆる点について批判に結び付けようとする。

しかし、メディアがこれはやるのは幼稚じゃないの?

問題の本質は、小沢一郎に関するカネの流れに国民が疑念を抱いており、それについて「問題なし」と主張しながら、国民を納得させる説明を政治家として果たせない点だろ?

テレビがどんな報道をしようと、それはそれ、これはこれ。

スリ代えちゃいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする