貴乃花は賭博の横行を知ってた?

大相撲 貴乃花理事が退職願 琴光喜関の解雇に反対

大関・琴光喜関への処分を巡り、解雇に反対した日本相撲協会の貴乃花理事が4日の理事会で、退職を申し出ていたことが明らかになった。

貴乃花親方は琴光喜の処分に、
「幕内最下位から取らせればいい」
「大関まで頑張ったんだから、協会に残してチャンスを与えるべきだ」

と主張したが通らず解雇が決まった。

今回懲戒処分を受けた大嶽親方は今年2月の理事選で貴乃花を支持しているように、同門の兄弟子に当たる関係で親しそうに見える。

賭博をやってたことを貴乃花が知らなかったとは思えない。

だから、退職したいんじゃないだろうか。

貴乃花自身は真面目な人間だし、賭博を持ち掛けられても断るくらいお堅いイメージがある。

しかし、人に注意したりはしないだろうな。

「自分に厳しく、他人に優しい」

は、通常自分に厳しいという部分を美徳として強調する言葉だが、
貴乃花の場合、両刃の剣という気がする。

「他人に甘い」という部分が貴乃花の足を引っ張るケースが、彼の人生に付いてまわるような気がしてならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする