誰が「核」を口にするか

北朝鮮が砲撃、韓国では情報が錯綜「金正日死亡説」から「軍の召集命令」まで

中国が尖閣で日本に圧力をかけて来ていることに、韓国は他人事のように(他人事だろうが)報じていたが、まず、火がついたのは自分の方だった。

これで韓国という国がまともなら、まだ日本も救われるが、あの国からすると、できるなら北と事を構えるより、仲良くして共同で日本にケンカ吹っかけてる方が楽だというのが本音だろう。

韓国政府は、「追加挑発が続けば断固とした処置」と言ってるけど、哨戒艦を撃沈されて死者が出ている上に、今回も死者。裏を返せば、「追加挑発がなければ断固とした処置は取らない」とも受け取れる弱気発言は、日本も同じく「やられてから何かする」的な後手一方の自衛では、意味がないことを物語っている。

「相手に行動させない」ことが絶対必要なのだ。

しかし、いまだにそれを「外交で」と言ってる奴はバカだ。

「頼む!日本のために死んでくれ」

”韓国で戦術核を再配備する動き”というニュースが流れた。

韓国に核ミサイルが配備されれば、必然的に日本もそうなると思う。韓国に対抗して、という意味より、日本と韓国はそれぞれ別の問題を抱えているのであり、韓国だけを守っても日本が中国に飲み込まれてしまっては”アメリカにとって”意味がないのだ。

相手は、中国・ロシア・北朝鮮である。

核保有を宣言する無法者に、弱き正義など歯が立たない。

日本と韓国に核を置くということは、もはや、アメリカの利益を守るために必至になっている。

そんな時に核廃絶を世界に向けて訴えて、わざわざ強盗の前で、自分の手足を縛って見せる日本はなんとマヌケなのだろう。

政府、与党民主党ばかりが取り沙汰されるが、他に誰が「武器を持て」と言っただろうか?

相手はもうそこまで来てるんだぞ!

どいつもこいつも無能でまったく信用ならん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする