船越英一郎の不幸はどこから来る?

10月15日、フジテレビで、占い師か霊能者か知らないけど、「鑑定士」なる胡散臭い連中が悩める人々に助言するという番組をやってた。

一般の相談者の後、司会の船越英一郎を診る段取り。

なぜ、船越英一郎なのか?

最近、近親者が亡くなるなど、不幸が続いたかららしく、
船越の半生も「波乱」であったとVTRで振り返るが、
少なくともそのVTRでは、船越が殊更苦労したという印象は得られない。

俳優になるのを父、船越英二に反対されたとか、売れるまで時間がかかったなんて、波乱とも不幸とも呼ばないだろう。

しかし、船越を診断する必然性はあるんだと思う。それは俺も感じる。

なぜ、こんなインパクトのないVTRを作らざるを得ないのか?
ということにも通じてくるのだが。

なぜかはわからないが、原因は嫁にありそうな・・・。

彼等が結婚する時にも「船越大丈夫か?」と漠然と思った。
今でこそ、テレビでも露出が多く、お掃除おばさんとして人気もあるみたいだけど、本当はこの人の方が苦労してるんだと思う。それも何か因縁めいた苦労を。

子供がアトピーで苦しんだとか聞いたことがある。
その一連の話の印象がどうもぬぐえない。

直感的に「松居一代には何かありそうだな」っていう。

単なる印象でモノ言うのも失礼だけど、個人の書きなぐりだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする