自動的に政治が好転する方法

テレビで「太田総理」が

「選挙をやらずに延期」というマニフェストを出していた。

政治家が選挙目当ての活動ばかりで実質的な政治を行わないことへの解決策らしい。

このマニフェストに対して誰も反論らしい反論をしてなかったので言わせて貰う。

この考えた方こそ、まさに日本の国民が政治や選挙を捉えるときの致命的な誤解だと思う。

どちらに入れてもダメだからといって結局「そのまま」なら何も変わらない。
ダメ政治はダメ政治のままだ。

ダメな政治を行う政党に、「お前達には任せられない」と有権者が言えば、
ダメな政治は『できなくなる』のに。

だから「政権交代」はそれ自体に意味がある。

目の前の政権に合格点が与えられるかどうかを判断し、ダメなら引きずり落とす。

民主党に任せてダメならどうするのか?
次の選挙で落とせばいい。

国民を騙せば選挙で落とされる、ということが確実視される中ではダメな政治も、税金の無駄遣いもできないのだ。

「自動的」に政治が動くじゃないか。

「民主党に任せて大丈夫か?」

民主党は頼りない、と言われる意味がよくわからない。何が頼りないのか。

仮に頼りないとして、仕事を任せても出来なさそうだから何もさせない、というなら、これまた自動的に、頼りないものを頼りないままにしておこうということだ。

結局、日本人はいつも、「動かないこと」を選択し続けるのである。

「選挙やっても無駄だから選挙をやらない」とか、「どちらに入れても変わらないから選挙に行かない」。この考え方は自動的に、政治を停滞・腐敗させ、社会をダメにする。

民主党が政権を取ったら世の中ひっくり返るとか、政権担当能力とか脅かされて騙されている。

何言ってやがる!
今の世の中、ひっくり返って元通りだろ。

政治は自民党でなければダメだ、などという強迫観念の持ち主は「現実」を見ることである。

「政権交代」は民主主義下の有権者が持つ最大の権利であり、政治推進力なのに日本では行使されない。

日本の有権者は諦めてしまうのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする