胡散臭いな。そのまんま東

宮崎県を踏み台に国政へ踊り出るか?

「県民の皆さんが背中を押してくれるならば出たい。」

誰の目にみても、出たい、という気持ちはアリアリ。
出るなら出ると言えばいいのに。

批判を恐れて探りを入れているあたりが、政治的信念、決断のない優柔不断さが垣間見える。

口癖のように、「宮崎県のため」ということをアピールしてきたが、それなら県のトップとして働いたほうが宮崎県のためになるだろう。「国政を変えなければ」という理屈は腑に落ちない。

テレビで宮崎県をアピールするのを見る度に苦々しく思った。

「日本は宮崎県だけじゃねぇし…」

経済効果はあったかもしれない。そのまんま東を評価する向きもあるが、力自体は東の力じゃなくて「テレビのチカラ」だから。

言ってることは完全無欠の自民党議員だし。

「今までン0年も我慢してきた」
「車の保有台数の多い地方の人は、都会の人以上に税金を納めている」

と、暫定税率廃止に反対していたが、
逆なんじゃないの?

ン0年、無駄な道路は出来ても、宮崎には出来なかったんだろ?
だったら、そのシステムを変えなきゃ。

暫定税率を維持せよ!とは、
地方の人にこの先も多くの税金を納めさせろってことだぞ!

優先順位をつけて、客観的に見て、本当に必要な道路だけをつくるようにすれば宮崎県に高速道路はすぐできるんじゃないかと思うんだが…。

まるで道路特定財源を守れば宮崎県に高速道路ができるという保証でもあるかのような口ぶりだったね。
胡散臭いんだよ。

ご時世のご多分に漏れず、強者の味方。
脇が甘く、軽い。

いずれ何かミスをやり、偽善の仮面を剥がされドボン!
そんなオチならたぶんスベらないぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする