細木数子の評価を上げてどうする

「暴露本訴訟 占い師の細木数子さん勝訴」:イザ!

暴露本「細木数子の黒い真実」
占い師の細木数子が、虚偽の経歴・交際関係を暴露した本で名誉を傷つけられたとして、著者の女性に1億円の損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁の判決は500万円の支払いと新聞各紙に謝罪広告掲載を命じた。

「本の記述は細木さんの職業人としての評価を低下させ、真実との証明はない。女性は裁判に1度も出廷せず、賠償義務を履行しないことが十分考えられるため、謝罪広告の掲載を命じるのが相当」。
~~~

細木数子の評価を決めるのは、暴露本より本人の言動、資質のほう。

「名誉を傷つけられた」?

どのツラ下げてこんなことが主張できるのか。

「占い」という抵抗しようのない根拠により、テレビの中で頭ごなしに叱りつけられ、何年もかけて積みあげたイメージや名誉を傷つけられたタレントの立場はどうなる?

視聴率本位で細木数子をカリスマとして出演させ続けたテレビ番組には責任がある。
偉そうに人に説教する前に、せめて「予言」の検証くらいやるべきだった。

製作者側に都合の良い番組づくりが、ゲスト出演者や視聴者にまで毒を撒き散らした。

なにが「幸せになりましょう」だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする