石川遼の人間性?

石川遼は今年、ゴルファーとしてだけでなく人間性も問われる

「日本オープンで携帯シャッター音に激怒した事件から、石川は怒りを表に出すようになった。」と始まり、

ブリヂストンオープンでは、

★『ナイスパーじゃねえよ』。
★ウォーターショット時、ギャラリーが応援すると、小声で『打ちたくて打つんじゃねえよ』。

★『こんなの撮らなくてもいいだろっ』。

★挨拶されても素通りすることが多かった。

「賞金王の自覚が過剰に働き、態度がより尊大になる素質は残念ながらあるのです」

「3年目こそゴルファーとしてだけでなく、人間性も問われるシーズンになる。」
と記事は結ぶ。

常に世間の目に晒され、揉まれ続ける十代の若者に本当に非があるのかな?

ものの見方は立場によって180度も変わってくるからね。

言われた者が書けばこういう記事にもなる。

悪態をついたからと言って「尊大」といえるかどうかはわからない。
売り言葉に買い言葉もあるし。

「石川遼に不遜な態度を取らせた周囲」の人間性について

検証する方が正しいかも知れないよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする