清水健太郎

トラブルにとり憑かれているのか、自業自得なのか、
忘れた頃に「またか!」と世の中を騒がせるタイプ。
きっと、また何かやるんだろうなぁ、と確信させる人。

今回の「ひき逃げ」は、カメラに撮られた映像を見ると、
駐車場から出ていく車が、車道に入る際、ほとんど停車もせず、横からきた自転車に接触している。
こんな運転していれば、100%間違いなく事故を起こすだろうという無謀運転。

清水健太郎といえば、大昔「失恋レストラン」のヒットと、繰り返された薬物使用。
自分が知っていたのは2回だったが、あらためて記事を見て、この人の経歴はびっくりだ。

・デビュー前の1973年に女性を乗用車ではねる死亡事故⇒罰金刑。
・覚せい剤など4度の薬物事件。
・91年に米国人女性、2004年には女優の森香名子(34)と離婚。

3度目の結婚を更正(※)の場とする意志を示し、
「ファンのみなさんがいる限り、もう1回頑張るつもりです」

・・・。
仏の顔って何度までだっけ?

あらたなトラブルと離婚はすでに想定内。
とりあえず、免許だけは取り上げてください。
亡くなった女性はきっとそれを望んでいるのでしょう。

この人、きっと

「人生やり直しがきく」

といいながら死んでいくんだろうなぁ。

※この場合、「更正」ではなく、「更生」が正しい。
とテレビのクイズでやってた。

■【更正】
正しいものに改めること。
——————————
■【更生】
(1)立ち直ること。好ましくない精神状態や生活態度から、かつてのよい状態に戻ること。
「―して社会復帰する」
(2)生きかえること。よみがえること。蘇生(そせい)。
(3)役に立たなくなった物を再び役立つようにすること。

「goo 辞書、国語辞典」より