核廃絶を実現するために日本がすべき特効策

石原都知事、「日本に核兵器があれば・・」、漁船衝突事故で発言

石原都知事は、日本が核兵器を保有していれば、漁船衝突事故がエスカレートすることはなかったとの見解を示した。

日本はまず、すごぉぉく簡単なことに気がつかなければダメだ。

世界に核廃絶を訴える日本だが、日本は核を持っていない。

「核廃絶を訴える国だからこそ、核武装しない」

おそらく、このことをほとんどの日本人や外国人も「当たり前」だと思っている。

しかし、日本の周辺国をとってみれば、日本が核を持っていないからこそ、彼らが核を持つことに意味があるのだ。

日本が核を持たないからこそ、彼らには核を持つ利がある。

つまり、核を持ってない日本が「核を廃絶しましょう」と呼びかけたところで何の効果もないジャン!

不利な立場にある者の呼びかけに応じて、自分の有利を捨てるか?

本当に核廃絶を目指すなら、日本がまず核武装すべきである。

その上で、

「ハイ、これであなた方の有利はなくなりました。バカバカしいから、みんなで核を捨てましょうよ。」

と言うべきなのである。

日本が核を持てば多くの外交問題は解決する。もしくは悪化を防ぐことができるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする