核をレンタルしよう

北と中国と頭のおかしな連中があいかわらず騒がしい。

原人どもは己の弱さと愚かさもわきまえず吠えまくる。

脅威に対して、「我関せず」で済むと思ったら大間違いだ。
アメリカは臆病になって、戦略を練る。
対中国との戦争に絶対勝つための戦略を。

アメリカが考えそうなことを思いついた。

核を日本に配備する。

経済でも軍事でも、日本が弱いとアメリカも苦労する。
日本に強い外交がないのは、民族性が第一だが、
核の後ろ盾があれば、相手が変わらざるを得ない。

勢力図が塗り変われば、アメリカ自身の危機になる。
日本が中国に飲み込まれるようなことを、アメリカは許さない。
尖閣はアメリカにとっての要石。

しかし、日本自身に核を開発させるのは、
核不拡散の原則を世界に示せなくなるので都合が悪い。

ならば、アメリカの核を日本に貸せばいい。
北の挑発を口実に、それを匂わせれば、
中国は今度こそ北に対して力を行使せざるを得ないだろう。

また、中国自身の挑発も弱まらざるを得なくなる。ロシアもそうだ。




キャッシング