暴走族のクズは即ゴミ箱へ

高校生ら4人、パトカー襲撃=暴走族取り締まり中 – Yahoo!ニュース

暴走族がイキがって集団で街中を走り回るシーンは、世界の七不思議といっていいくらい妙な光景だ。

頭のおかしな野郎が金属バット振り回して出没すれば、相手が一人であっても警察官との大立ち回りになるはず。必ず、現行犯で逮捕されることになる。

ところがこの「暴走族」となると、とりあえず現場の写真だけ撮って証拠だけ押さえて、という手順を踏む。

すっ転ばして怪我させてでも現場でカタをつける。くらいの気合でやるべきだ。

あのトロトロと走って集団で道をふさぐ映像を見るたびに、

あの渋滞の中に急病人がいたら、
産気づいた妊婦が病院へ急いでいるかもしれない、

と思うとこの国はなんなのか?と思う。

犯罪を犯すものに対して、「人権」なんてない。他人の権利は蹂躙しておきながら、自らの権利は主張する、などという虫のいいことは認める必要無いんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする