日本製「性暴力ゲーム」に批判

日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止、人権団体が抗議活動:(読売新聞)

少女を含む女性3人をレイプして妊娠や中絶をさせるという内容の日本製のパソコンゲームソフトに海外で批判が高まっている。

日本での販売中止を求める抗議活動を国際人権団体が始めた。このゲームは2月に英国の国会で問題になり、ビデオ・書籍のネット販売大手「アマゾン」が扱いを中止した。

ゲームは横浜市のソフトメーカーが2006年に売り出したも。

抗議活動を始めた国際人権団体「イクオリティ・ナウ」(本部・ニューヨーク)は「女性や少女への暴力をテーマにした産業が日本で高収益を上げ、『ロリコン』と呼ばれる少女の児童ポルノ市場も巨大化している」との声明を発表。

「日本政府はなぜレイプを奨励するかのようなゲームの流通を止めないのか」と政府の対応にも批判を向ける。

同団体は、このゲームを含むレイプ、監禁などの性暴力ゲームの制作会社や販売会社、麻生首相ら日本政府の要人らに抗議文を出すように、160か国の会員3万人に呼びかけ始めた。

ゲーム内容と実際の描写がどうかは知らないのでゲームに関してはなんとも言えないが、説明だけ読めば批判もしかり。

ただ所詮はバーチャルだ。

英国の国会で問題になり・・・
国際人権団体が批判・・・
160か国の会員3万人に呼びかけ・・・

リアルな人権問題である北朝鮮の拉致にもこれくらい真剣になってくれないものかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする