日本外交の無駄遣い

「露、北方4島向けの日本の人道支援拒否」

日本の外交はいつも金を出して手なづければ、いいことがあるみたいなことばかりやっているよな。

なんだよ?「思いやり予算」ってw。

タカられているのを隠すため「思いやりでくれてやっているんだ」と、いかにも言い換えてますというネーミング。

弱腰外交の象徴じゃねぇか。

頃合を見計らって日本が恐る恐る切り出すと、
「金はもういらない。今までありがとね」でチョンか?

 昔、犬のしつけの本の中に、犬に何かをさせた際、エサを与えてはいけないと書いてあったのを読んだ。

エサを与えて教えるとエサをもらえなくなった時、言うことをきかなくなるからという理由で。

その理論が今でも通用するのかは知らないが、日本外交の間違いはまさにコレじゃないかと思う。金出して相手に言うこときかせてもそこに真の尊敬などないだろうし、金が切れたらハイ終わり。

「相手が感謝していずれ言うこと聞いてくれるだろう」はことごとく失敗する気がする。
今のやり方ではズルズル出した分だけ損をする。

出した時が要求する時なんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする