日本人ポップアート作家ニューヨークで落書き逮捕

駅に落書き、奈良美智 逮捕=NY

大きな瞳の少女の絵で知られるポップアート作家、奈良美智(49)が先月末、ニューヨーク市内の駅で友人2人の肖像を落書きして逮捕され、2日間拘置された。

翌日は市内で開催中の作品展の初日だったという。

奈良の作品はニューヨーク近代美術館(MoMA)などに収蔵されている。

ニューヨークといえば一時期、危なくて地下鉄にも乗れないといわれた犯罪都市だったのを、ジュリアーニ市長(当時)が、いわゆる割れ窓理論で落書きを消すことによって犯罪発生率を低下させたことで有名。

ターゲットはやっぱり地下鉄の落書きだった。

そのニューヨークで仮にもアーティストが落書きで逮捕されるとは。

そういう場所であったことを知らぬとも思えない。

よく落書きをするガキが「これはアートだ」と言い張るが、同レベルだな。

2日間の拘置ということで、翌日の作品展がどうなったのか不明だが、せっかくだから社会奉仕活動でもするといい。