日本のサッカーってなんか違うな。

「サッカー日本代表 豪州に完敗 遠い「W杯4強」へのゴール」

所詮、まったくの素人意見だけど。

日本のサッカーって攻撃の際、どうしてボールが止まるのかな。

うまく説明できないけど、

パスからパスへの勢いが、生きたままシュートに繋がらないというか

攻めに、必ずどこかで一呼吸入っちゃうというか

相手が守備を固める前に決めてしまうような早い攻めがないというか

相手のゴール前でゴチャゴチャやって、結局シュートが打てないで終わるとか・・・。

まるでダイナミックさがないな。

サッカーをわざわざ難しくしている感じがする。

韓国のサッカー見るとそんなことないから体格負けが理由じゃないな。

日本のサッカーは明らかに特徴的だ。何が違うんだろう?

闘莉王がどの程度の存在なのかは知らないけど、時々、彼のプレイが他のメンバーに「活」を入れているように見えることがある。

彼以外が「停滞」しているから?

やっぱり「日本のサッカー」を学んできた選手達とは感覚が違うのかな?

残念ながらサッカーは韓国の方が全然強く見えるな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする