日刊ゲンダイってなんなの?

真相を歪める民主鳩山政権叩きの異常

日刊ゲンダイの記事。要約すると

最近のテレビは自民党議員や民主に批判的な評論家、コメンテーターが、財務相交代劇や政治とカネ、マニフェスト問題などで民主党議員を攻め立てるシーンがやたらと目立ち、真実を伝えていない。

某大学の教授の言葉を借りて
「政治のエンターテインメント化、ニュース番組のワイドショー化で、制作側の狙いは、いかに面白く見せるかの視聴率稼ぎになっている」

いろんな考えがあるものだが
これほど説得力のないメディアの意見は初めて見た。

何がお気に召さないので?

テレビは視聴率を稼ぐためにあらゆる努力をするもので、それらのすべてが認められていいわけではないが、少なくともここに挙げられた番組の内容におかしなことは何もない。

今の民主党、特に総理と小沢幹事長の「政治とカネ」は批判されるべくして批判されているのだ。

面白おかしく伝えている?

自民党政権時代の政治とカネの問題を是正することも国民が民主党に期待したことである。

「自民党は一度徹底的にやられなければダメだ」

と言ってる本人が疑惑まみれで説明責任を果たさないでいるものを見せられて、

視聴者は何が面白おかしいものか。

面白おかしくではなく、国民の気持ちを代弁するように作られている。というのが正しい。

「説明責任を果たせ」とする視聴者の意識は愚劣か?

黙ってろとでも言いたいのか?

まさにゲンダイの言うとおり、国民が知りたいのは「真実が何か」である。

リークがどうこうとか捜査手法の問題じゃなく、政治家は疑惑を持たれたら、説明すればいい。逃げるな!

真相を伝える義務を負っているのは小沢自身であり、それを放棄しているのも小沢自身である。

それを棚にあげて、批判する方がおかしいとは・・・。

この記事を読むとむしろ、ゲンダイがなぜ、民主党を無批判に支持するのか?ということの方がよほど不思議に思えてくる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする