政権交代なら・・・

いよいよ総選挙だな。

ネット上では、
反日政党、売国政党だから民主党が政権をとったら大変なことになる。
だから勝たせてはいけない。

という論調が多数見られる。

なぜ、国民が自民党を見限ったのかという本質は無視して。

「売国民主党政治がいやなら俺たちに貢ぎ続けろ」ってか?

しかし、大勢にはなんら影響を与えられないようで世論調査では圧倒的に与党劣勢だ。

当然だが、
「売国政党か、国民財産食い潰し政党か」の二者択一を迫られれば、国民は

「ふざけるな!」

というしかない。

麻生も、政権交代なら「混乱必至」「景気後退」などと予見ほざいてやがるが、
自公に任せていればどうなるか、国民は「もう見た」のだ。

少なくとも今のままではバカを見続ける大多数の元中流階級層に言いたい、言わせたい。
「この期に及んで政権交代のできない国ってなんなの?」

俺は思想も行動も愛国者といえるほどの片鱗さえないが、外国人に日本が乗っ取られることなんか想像するだけでまっぴら御免だ。

それでも今、自公を支持するほど豊かでもバカでもない。
それは民主政治の停滞と死を意味するほどのことだと思う。

政党は政策で選ぶもの。本来ならそうだろうが・・・。
今回の選挙は残念だがそれ以前の部分で決着がつく。

思い知らせるため。

すべては「自公自得」である。

一時的お灸なんていわないでくれ。
望むのは税金にたかって私腹を肥やす寄生虫どもの「徹底粛清」である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする