小梛輝信 千葉市議長 住民苦情を自作自演

千葉市議会前議長、再逮捕へ 大成建設にも恐喝未遂容疑 – MSN産経ニュース

小梛輝信容疑者 地元のビル建設を巡る恐喝未遂事件で、逮捕された千葉市議会の前議長、小梛(おなぎ)輝信容疑者(66)が、ビルの施工主であるゼネコン社員らにも暴力団の名刺を示し現金を脅し取ろうとした疑いで再逮捕。

小梛容疑者は3月、千葉市稲毛区のビル建設に着手した大成建設に「住民運動を起こす」「工事ができないようにする」など因縁をつけ、金品を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

小梛容疑者は大成建設とのトラブルの後、仲介に入った同市中央区の不動産業者(54)を事務所に呼んで、暴力団の名前をちらつかせ脅し、金銭を要求した恐喝未遂容疑で逮捕されていた。

6月には千葉市幹部に住民説明会開催を求める要望書を見せる。
要望書には複数の自治会長の署名があり、市はゼネコンに説明会を求める書面を送っていた。

しかし、自治会長のひとりは
「住民の苦情の話は小梛容疑者からしか聞いたことがない」

住民からの苦情を自作自演した可能性があると見られている。

2009.9

暴力団の威を借り、金を脅し取ろうとしておきながら、顔を隠して連行される姿の情けないこと。

こんな奴、ドラマの中にしか出てこないんじゃないかというキャラだ。人相も悪いし。

この暴力団って実在するものなのか?
だとするとおそらくこれまで色々と悪さをしでかしてきたろうな。
市議長とつるんでるくらいなら。

政治家の皮をかぶった暴力団組員、社会のごみ、二度と這い上がれないよう小梛輝信に徹底的制裁を加えるべし!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする