小室哲哉 告白本発売 「罪と音楽」

めざましテレビ9.24より

逮捕されたときの心情や留置所での体験をつづったエッセイの出版記念イベントを行った。
5億円にものぼる著作権譲渡の詐欺罪で懲役3年、執行猶予5年の判決。
今年8月、a-nation’09のステージで仕事復帰を果たした小室哲哉が会見でその思いを語った。

「早くいい音楽を作ってくれ、と
夢でうなされたこともありました。

音楽を待ってくださっているみなさんに
『小室やっぱりいい曲作るじゃないか』と。

今回の本は所信表明だと思ってください。
頑張りますという、必ずやりますという」

すでに歌詞がついているもので20曲、ついてないものも含めて40曲くらい
作っている。

本の印税はすべて債権者への返済に充てる。
~~~~~~~~~~~~~

返さなきゃいけないし、債権者は返してもらわなきゃならないから、
仕事復帰したからどうってわけでもないんだが、なんか早いなぁ。

5億円詐欺だもんな。

関係者からすれば稼いで金返すのが一番の罪滅ぼしだけど。

すでに40曲できてるって・・・。
普通に稼げば、5億円詐欺なんてする必要ないだろ?

トンチンカンなやっちゃな。

覚せい剤の人も戻ってくるのかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする