官僚の冬ごもり予算

スーパーモーニング 9月25日
逃げ切れると思ってる?駆け込み予算・天下り

補正予算、14兆7000億円組まれた。

職業訓練をする人を対象に実費と生活費を給付するため、7000億円を予算化。
これは3年分の予算。

緊急経済対策なのになぜ3年分?
しかも、天下り団体である、「中央職業能力開発協会」に7000億円すでに渡っている。

厚生労働省から実施機関、求職者にいけばいいだけでとりあえず一年分でいいはず。

Q.なぜ3年?

厚労省:「政府の方針であり、麻生総理の指示もあった。」

Q.2年目、3年目の予算はどうしてるんですか?

厚労省:「国債で運用している。寝かせておくわけにいかないので。」

???
そもそも、7000億円の原資は国債(借金)である。
これは借金して預金しているようなものじゃないの?

「訓練業務」は一部民間へ委託

第1回入札 応札なし
 →舛添大臣が暫定的に「雇用・能力開発機構」へ

第2回入札 (条件を「3年」から「単年」に変えて)

結局、「雇用・能力開発機構」に決定

「厚生労働省」 → 「中央職業能力開発協会」 → 
「雇用・能力開発機構」 → 「訓練実施機関、求職者」

Q.なぜ「単年」に変更?
厚労省:短いスパンの方が受けやすいのではと…。

だったら初めから一年でいいじゃないか!
その方がやり易いんだから。

結論:
単年で予算を組めば良かったのに。
官僚の冬ごもり予算(備蓄)にしか見えない。

官僚の冬ごもり予算2 7000億円は多すぎないか?に続く