安倍晋三、パク・ヨンハの葬儀に参列!?

安倍元首相夫妻がパク・ヨンハさん葬儀に花を送る

安倍晋三元首相夫妻が葬儀に訪れ、花輪を送り追悼の意を表した。

安倍昭恵夫人は以前からパク・ヨンハさんのファンで、2004年に韓国を訪問した際、韓国側の手配でパク・ヨンハさんと対面した。

なにこれ?
ものすご~く、違和感あるんだけど・・・。

現役じゃないといっても、元総理大臣だぞ。日本のトップだぞ。
何十年の知己というなら相手の身分など問題じゃないけど、知名度もそこそこで、たった一度か二度会ったかどうかなんていう、自殺した、外国の一俳優に過ぎない人物の葬儀に、日本のトップが参列するのか?

日本人俳優だって、元総理が葬式に出るなんてそうそうないだろ。

ケチくさいとかどうとかじゃなく、「立場」ってものがある。

人が死んだとはいえ、立場を考えたら、「参加してはいけない葬儀」だってあるんじゃないのか?

多少の知名度で、一度、催しで対面した程度の日本の一俳優が死に、その葬式にアメリカの元大統領がやって来たら、すごくセンセーショナルだぞ。

これがマイケルジャクソンの葬儀だって同じこと言うだろうよ。

「日本のトップ」軽すぎないか?

哀悼の意を表するなんて他にいくらでもやり方がある。

元総理大臣が、わざわざ韓国までいくとは・・・。

 この程度の常識は日本人なら当たり前にあると思う。

可能性として、相手側に葬儀に来るよう頼まれたとか・・・。

葬儀に招かれたら、NOとはなかなか言えまい。日本人なら特に。

そこまで露骨じゃなくとも、向こうから何かしらアクションがあって、なんとなく参列しなくてはならない雰囲気になってしまったのか?

ま、断れないなら、それはそれで大問題だな。

今後、芸能人が死ぬたびに日本の政治家は一々韓国まで行って挨拶したらいいよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする