外国人参政権 強行採決

2月1日衆議院本会議

石原伸晃
「永住外国人への参政権付与ですけれども、論点整理をして提出を検討していると。
しかし、党内が意見が割れたり、憲法にも関係するということで、慎重にというニュアンスを、私は受け取ったんですけれども、まさか強行採決するようなことがないということを確約願いたいと思います。」

鳩山由紀夫
「強行採決をするしないなどというようなことはこれは、採決の方法はまさに議会でお決めいただくことでありまして、私がここで申し述べるべき話ではない。そのことを申し上げておきます。」

一部「そうだー」拍手

 
強行採決をすると予想されるものなら、準備して強行採決させない対策を取るべきだが、その気はあるのかね。

 
事前に強行採決の可能性に触れながら

「強行採決されちゃいました」

なんて無策、無能だもんな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする