八百長であってもらっちゃ困る人

引き続き、八百長ネタ。

大相撲八百長疑惑に対して、元NHK大相撲実況アナ、杉山邦博の見解はすでに事実がどうか?なんぞ関係ないみたいね。

貴ノ花 vs 北の湖 戦 で貴ノ花が初優勝を決めた一番。

そりゃ、歴史に残る名勝負を自分自身が実況したという自負があるわけだから、
その一番が八百長となれば、自分がしてきたことはなんだったのか?となる。

客観的事実なんてどうでもいいらしく、この一番を、記憶だけで立ち合いから詳細に解説してみせた後、

「大相撲に対する冒涜」

と飛躍的に八百長を否定したがった。

しかし、当時もこの一番を見ていたファンから、これは八百長じゃないのか?という問い合わせがあったらしい。

それに対し、元小結、龍虎は

「これが八百長だなんていうのは相撲を知らない人間だ」と一蹴。

ならば、なぜ素人のファンが「八百長」だと思ったのか?

角界に八百長が常識ならば、龍虎がそれを知らないはずがない。

真実を語る顔とウソをつく者の顔。どっちかな?

「ネタ元が藤田憲子」をくつがえせる説得力は見つかりそうもないけど…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする