八ツ場ダム 「中止に反対」7割 地元の声、無視せよに一票

八ツ場ダム「中止に反対」7割 予定地住民アンケート – asahi.com

八ツ場ダム
朝日新聞社による水没予定5地区に住民アンケート、回答215人。

ダム建設中止
「反対」は7割弱、
「どちらでもない」が2割強、
「賛成」は1割弱。

「反対」の理由
「ここまで来て中止では、自分たちの苦労が報われない」
「ダムが完成しないと生活設計が狂う」など。

「どちらでもない」では、
「生活再建さえしてくれるなら、ダム自体はどちらでもいい」という意見が多かった。

賛成の理由は「故郷の姿が守られる」など。

前原国交相はダム建設を中止する場合、生活再建への補償を明確にする新法を制定し、道路や代替居住地の整備を継続する方針を示している。

テレビに出てくる相も変らぬ自民党議員の「地元の声」を聴けとか、
その地元の声が理解に苦しむ建設中止反対一辺倒みたいに見えるので
俺もそろそろ考えが変わってきた。

民意を反映した結果の政権交代。

無駄な公共事業に反対とする有権者の意思は、
「今までの自民党のやり方」に対するアンチテーゼである。

「お前ら自民党のやり方ではダメだ!」である。

その自民党議員が、今このタイミングで「地元の声を聴け」などと言うのは筋違いだと思う。

また、現実問題「地元の声」を聴いていたら何も動かせないのも事実だ。

民意を得た政治は何をやってもいいなどというつもりはまったくないが、
このダムに関しては、生活補償も得られ、故郷を残し、国民の民意にも応える建設中止に反対する、どこから来たのかわからないような「地元の声」など無視して構わないと思う。まるで理にかなってない。

「マニフェストに書いてあるからなんでもやるというものではない」

みたいな言い草、ナニコレ?

選挙があったのいつだっけ?

んじゃ、自民党はマニフェストに何を書いたんだよ?
お前らにとってマニフェストなんて所詮、そんなものなのか?

この期に及んでという気持ちがMAXに達した。
自民党がもし次に政権をとったら、同じことを繰り返すことは明白だ。

必要だから?

計画から50~60年も経って完成しないものが誰にとって必要なんだ?

完成しようがしまいが、ダム計画がそこにありさえすればメシを食える連中にとってはオイシかったろうが…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする