今まで拾った金額自慢

自動販売機でジュースを買うとき、
必要なくてもお釣りの受け取り口は一応チェックする。

結構、取り忘れとかあるし、なぜか500円玉が入っていたりする。

一円玉を見つけたとき、人目がなければ拾うが、人ごみなら無視だ。

小学生の頃、学校の帰り道、下向いて歩いていて、なんとなく砂だまりを蹴った。
砂ぼこりの中から「チャリーン」

音はしなかったと思うが、明らかに銀色に耀く硬貨が出てきた。
当時は500円玉なんてなかったから、大きさ的に100円玉だと思った。

「おっ!」と思って拾ってみたら、見たこともないお金。

「10銭」だった。

警察には届けなかったが、仮に届けて、落とし主が現れた場合、
10銭の一割の1銭を下さいといったら貰えるのかな?

十銭硬貨と一銭硬貨、どちらが価値があるんだろう…。

これが私の今まで拾った最小金額記録です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする