亀田大毅の対戦相手、遺体で発見

「元東洋太平洋王者のボクサー遺体で発見 来月亀田大毅と対戦」

来月、5月13日に亀田大毅と対戦する予定だった、プロボクサー、元東洋太平洋フライ級王者の小松則幸さん(29)が13日、滋賀県大津市の滝の近くで死亡しているのが見つかった。

小松さんは滝の周辺で練習をしていたといい、滋賀県警で死因などを詳しく調べている。
小松さんは2006年、現WBCフライ級王者の内藤大助選手と東洋太平洋と日本フライ級のダブルタイトルマッチで対戦したこともある。

亀田ファミリーは良きにつけ悪しきにつけ、色々、話題に事欠かないが、これは・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする