三浦皇成 天才はつくられる

2008年、有馬記念が終わった。また牝馬か。

今年の競馬界は賑わうニュースがあった。

新人の三浦皇成(みうらこうせい)が武豊のJRA新人年間最多勝記録を更新。

なぜ、一年目からこんなに勝てたのか?

まず、騎乗回数が違う。武豊が新人最多勝を記録した時、
新人の年間最多騎乗回数も記録しているが、その時より200回以上も多い。

1987年、武が554回騎乗69勝は、勝率 0.124。
三浦皇成は783回騎乗、91勝は 0.116。

勝率に関しては両者あまりかわらないから、立派な数字といえるかも。

ソコソコ技術はあるだろうが、現時点では、ずば抜けてうまいわけではない。
「素質」だけで「経験」を凌駕することはできない。

リーディング上位常連のベテランジョッキーと同じくらい勝ったからといって、
経験のない三浦がこれらのジョッキーより、すでに上手いとは考えられない。

見習い騎手の減量による上乗せと
なにより、複数の厩舎サイドのバックアップがあってはじめて出来る記録だ。

武豊の記録を目標にしていたのは、三浦個人だけではないということ。
三浦の記録は過去の「武豊」があってこそだ。

武豊が、どれだけ馬券売上げに貢献してきたかを考えれば、
ヒーローの存在がどれだけ競馬界にとって大切かわかる。

「天才」のデビューから20年。

そろそろ、新しいヒーローが現れて、「話題も売上げも」と考えるのは不自然ではないな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする