マニフェストにないことをコソコソと…

「岡田外相 心配な村山談話の絶対視」

岡田克也外相が日本外国特派員協会で、村山談話について「言葉より行動だ」と、より踏み込んでいく考えを示した。外相は行動の中身を明らかにしていないが、極めて危うい考え方である。

 村山談話は自社さ政権時代、社会党の村山富市首相(当時)が発表した談話だ。アジア諸国に対し、日本の「植民地支配と侵略」に対する「痛切な反省」と「心からのお詫び」を表明した内容である。閣僚への十分な説明がないまま、唐突に閣議に出された。

そこで閣議決定されたとはいえ、当時の村山内閣の姿勢を表明した談話にすぎない。

~…

村山富市って、あの爺さんが自分の意志で、自らの政治理念を誰にも相談せず、談話として発表してしまうなんて到底思えないから、裏にはそうするに至る経緯があり、誰かが糸を引いていたということだろう。

これだけ重大な発言をさせるには思いつきではないだろうし力がいる。
個人の力でないだろうことは容易に想像できる。

腐ってやがる。

政権を取ったあとに民主党の危うさをあ~だこ~だ言っても始まらない。
自民党が負けたのは自民党が悪いからだし、後悔する必要も気持ちもサラサラないが…。

 マニフェストに記載されたものを実現できなければ、公約違反と言われる。
国民に対する裏切りととられる場合もある。

逆に、マニフェストに記載もせず、公の場で意思表示もされないのに、
選挙で勝った後、公約然と、国民的議論の必要なものであってもコソコソかつ着実に進められる政策があれば、国民に対する裏切りとなる場合もある。

「外国人参政権」なんて、気がついたら出来ていた!なんて事態は絶対許されないだろう。反日、犯罪、日本の特殊な事情を踏まえれば、素通りすることは出来ない議論である。
国民の知らぬところで裏公約を結ばれたのでないなら、日本人の世論を聞け。
野党自民は大いに叩くべし。

マスコミが機能するかどうかも注視。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする