フジテレビ化

NHK番組「土曜スタジオパーク」にフジテレビの女子アナ、戸部洋子が出てた。
やっぱり、雰囲気的にNHKのアナウンサーとは違うなとあらためて感じる。

NHKの紅白歌合戦に中村仁美アナが出演したり、
最近、テレビ局の垣根を越えて、というケースをよく見るけど、フジテレビがらみが多い。
「2008北京オリンピックバレーボール世界最終予選」でもTBSとフジテレビで共同製作に。(が、ジャニーズのアイドルがオープニングを飾るなど、演出面がうるさく、バレーは見たいけど、オープニングは絶対見なかった。DJの会場煽りもいらない)

フジテレビのポンキッキシリーズのキャラ、ガチャピンとムック、
NHKの「できるかな」のゴン太くんも共演を果たした。

ゲストは「モーニング娘。」の高橋愛。NHKのドラマ「Q.E.D. 証明終了」に出演する。NHKの歌番組にアイドルが出るのは珍しくなくなったけど、NHKドラマにモーニング娘。は違和感ある。

そんなに「民放」をとり入れなくても良さそうなもんだが、最近のNHKはお笑い、芸能色が強い。

バラエティに強く、ひとつの流れを牽引するのは、やはり、フジテレビだが、
なんといっても、女子アナのブランド力。
社員だけでゴールデンの2時間スペシャル番組を組める強み。

他局がこれに追随するのは当然だな。
おかげでどの局もアイドル並の人気アナを抱えるようになった。