ネットでの薬販売が規制される!

楽天から、あまりないタイプのメールが届いた。

内容は、
”厚生労働省が、一般用医薬品の67%を占める第1類医薬品及び第2類医薬品のネット販売を2009年6月から禁止する。”

だから反対の署名に協力して欲しい、というもの。

★規制対象:漢方薬、風邪薬、解熱鎮痛剤、胃腸薬、痔の薬、水虫薬

想えば自分も、ネット通販を最初に利用したのは「薬」だった。
ネットだと症状やら効能などをジックリ確かめつつ購入できるので、リアル店舗で買うよりずっと便利だと思う。

症状が重くて、買いに行きたくても行けないケースだってある。薬局やコンビニに行かないと買えないなんていうのは明かに不便だ。時代にも逆行している。

しかも、規制の理由は

・販売する人と客が対面できない。
・薬を直接手渡しできない。

など、到底納得のいくものではない。

「だからなんなの?」

特になにか問題が起こったというのでもなし。取ってつけたようなことをいい、納得のいく理由が説明できない、というのはいかにも胡散臭い。あきらかに裏がある。

規制対象を見ると、日常よく使う、売れる薬がほとんど。
これら対象の薬以外は上記の条件を満たさずとも買えます、という理由も全然わからない。
これによって得をするものもあるだろうが、一般消費者は間違いなく不便を強いられる。厚生労働省は消費者の方を向いていない。

なにが消費者庁だ!

ワンクリック詐欺などが心配という方は、
【楽天市場】トップページから最上段 「ネットで薬が買えなくなる!」のリンクからどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする