チャンナラ バッシング

チャンナラか。懐かしいな。

それほどでもない昔、韓国人タレントのチャンナラって可愛いなと思って画像を見たりしてたな。

お顔の可愛さは変わってないけど、韓国という国に対するイメージはだいぶ変わったよ。
かなり前のニュースだけど、中国蔑視と取れる発言をしたとかでチャンナラバッシングが起こっていたらしい。

わざわざ中国へ出向いて涙の謝罪会見をしたんだって。

 
タレントの発言一つで民族の誇りを傷つけたみたいな騒動に発展するのは未開の魂のなせるワザだと思う。

リップサービスもあるんだから、皮肉の一つも許されていいだろうに。

チャンナラが皮肉をこめて何かを言ったわけではなさそうだけど。

 
誰もがビクビクして発言に気をつけなきゃいけない世の中なんて異常だ。

韓国という国は国内でもこの手のバッシングが良く起きるらしい。

他の国の人々が同じように騒ぐのを見て何を感じるのでしょうか?

一方、いくら反日デモが起こっても、日本が外国のタレントの発言を捉えて謝罪しろだのと騒動を起こすことはまったくといってない。

っていうかそれが普通なんだろうけど。

怒るのは相手ばかりで、こちらは何もアクションがないので、そろそろ日本人の中にはフラストレーションが鬱積していると思う。

日本にとって今必要なことは彼らに温情的配慮をすることではないよ。

ハッキリとモノを言うことだ。

 
竹島の日に韓国から行事を阻止するべく、抗議団がやってくるらしい。

いい加減こういうバカどもに物事をハッキリと教えてやらねば、日本人が可愛そうでしょうがないよ。

ま、外国人参政権を外から潰しにくる救いの使者になってくれるかも知れんが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする