サッカー日韓戦 ロンドン五輪

実に不愉快なゲームだった。

負けても、内容次第では、相手が韓国であっても、
「普通の悔しさ」で済むだろうが、この試合は、それだけでは済まない、
後味の悪さが残った。

序盤、予想通り、韓国は球際に激しく、ファールを連発してきて、
まるで飢えた犬のように、相手を威嚇するような態度を見せもした。

こんな風に相手を威圧して、萎縮させれば、自分の思い通りになると
奴らは思ってるのだろうか。

「日本人はメンタルが弱い」

戦前に韓国の選手から出た言葉だが、実際、試合はその後、
終始、韓国ペースだったように思う。

まず、ボールを持っても日本は何もしなかった。
そう思えるほど、見てる側に期待させないプレーばかり。

2点追ってるのに、いつまでパス回してんだよ?

試合後、笑顔で韓国選手と握手してる日本の選手を見たら、
こりゃだめだと思ったよ。。

もし、立場が逆で日本が勝っていたら、
こんなこと韓国選手には許されないことなんだから。

やるだけやって、盗るもの盗ったあげくに、
「お互いがんばったな」といわれてヘラヘラそれを受け入れる。

メダルをかけて、因縁のある国どうしが威信をかけて
大舞台でぶつかってるのに、このザマなのか。。

サッカーはスポーツであって、ケンカではない。
しかし、このような大一番では、これからも韓国はケンカ腰でくるだろう。

喧嘩サーカーに対して、ケガしたくないからと及び腰になるしかないなら、
スポーツサッカーの日本は永遠に勝てない。

見るべきもののない、精彩を欠いたこの試合。

日本は負けたのではなく、闘わなかったんだ。




キャッシング