ケチくさい食品2

カップラーメン食べた。

上蓋を見ると「熱湯2分」。

熱湯4分とか5分というのはあったけど、熱湯2分は初めて見た。
出来あがりまでの時間が短いということは、麺の量が少ない、ということ?

カップの大きさが小さいなとは思っていたけど…。

「内側の線まで注ぎ入れて…」

の内側の線の位置が随分下にあるな…。
お湯の量が少ないのは、スープの量が少ないから?

具も「スープ」と「青いもの」だけ。
前のカップラーメンはもっと色々なものが入っていたよな。

何から何まで不景気モードに見えてくる。

最近、巷では一口サイズの食品が流行っているみたいで、
クリスマスケーキのミニサイズがテレビで紹介されていた。

中途半端なダイエット志向の女性には受けるかもしれないが、
それを基準にされてもねぇ。
結局、この手のものは割高なんでしょ?

食料の無駄、国民総メタボの時代には健康的にはいいのかも知れないが、
「お値段据え置き、容量減」という流れに便乗した、実質値上げによって
世の中全体がしぼんでいくような気がする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする