クソくらえ! 議員の日給115万円

衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給(産経新聞)

 8月30日の総選挙で当選した衆院議員の8月分の歳費が16日、480人の全議員に支給される。同月の在任期間は投開票のあった30日と31日のわずか2日間だが、歳費と文書通信費の計230万1千円が満額支払われる予定だ。日給換算で約115万円、全議員で約11億円という巨額な支出で、「社会常識を逸脱している」「無駄遣いだ」と批判も出ている。

議員の任期は投開票日にスタートするため、8月30日からが歳費支給の対象となる。
8月の在任期間はわずか2日だが、「日割り計算」などの制度はないので、満額が支給なんだとサ。

投開票日なんて仕事してないだろ?
国民のために仕事して初めて給料貰うべきなのに。

 また、電話代や交通費など政治活動に使う目的で支給される月100万円の文書通信費についても全額支給。使途報告義務がなく「事実上の歳費」とも呼ばれるそうだ。

まったくザルだわな。

以前にも同じようにたった2日間で満額支給され問題になったというが、徹底的に追及しなきゃダメだろ。国民に広く認識させるためにマスコミはもっと騒げよ。

 近畿地方の民主党の中堅議員も「30、31日はあいさつ回りで忙しく、国会議員としての仕事はしていない。2日間で1カ月分というのは社会常識を逸脱しており、報酬規定の見直しが必要だろう」と訴えた。

この言葉を覚えておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする