アメリカは焦っている

日本がアメリカを袖にして、中国に擦り寄っていったら、これを脅威に感じ、もっとも国益の損とするのはアメリカじゃないだろうか。

命綱であることは事実でも「日米同盟」を殊更に強調する向きは、日本をもっとも高く売れるタイミングで安売りしているような気がする。

オバマの演説に日本の名が出なかったというだけで、それを危機とするなら、すでにアメリカの手のひらで転がされているのだ。

トヨタの騒ぎが「制裁」かどうか知らないが、アメリカにとって一番大事な国は日本であるにもかかわらず、イザとなったら、最も貢献度の高いポチの頭を叩くのがアメリカという国だ。

これは日本外交の性質&失敗を表した「現象」だと思う。

これまで超大国として世界を見下ろしてきたアメリカは敵も多く、ヨーロッパの連合化を見れば、東アジアの動きに気が気でないのは当然。彼らこそ焦っている。

中国が信頼に足る国であるかは現時点で明らかだろうが、アメリカの国益にとっても生命線といえるポジションにある日本が、自国の損失だけしか見ることができず、一方的に外交でヤリ込められているのは大損というものだろう。

「日本はアメリカなしではやっていけないが、アメリカは日本なしでもやっていける」

アメリカはそう思っていますかねぇ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする