まかり通るへ理屈。雇用促進住宅 公務員居座り

「公務員65人居座り 雇用促進住宅 規制から3年」

厚生労働省所管の独立行政法人「雇用・能力開発機構」が所有する雇用促進住宅に、本来、入居ができないはずの公務員65人が居座り続けていることが分かった。雇用促進住宅の家賃は平均3万円で民間よりも安く、個人的な理由で退去を拒否。

 15年11月に制度が変わり2年が限度の定期借家契約となったが、それ以前は1年ごとに自動更新される契約。現在、居座っている公務員はいずれも15年以前に入居した。借地借家法の規定により、施設老朽化による建て替えなど、正当な理由がなければ契約を打ち切ることができないという。

ハイ。正当な理由=「本来入居できないところへ居座っている」

理屈がおかしいぞ。
理由の如何を問わず、即、退去させられるでしょ?

不当に首を切られ、住む所を失って、野宿している人がいるのに、
住んじゃいけない所に余裕のある奴が3万円でノウノウと暮してる・・・。

居座っている側ではなく、居座らせている側の問題だ。

厚生労働省、雇用・能力開発機構、ハローワーク。
ちゃんと責任のあるとこがテキパキおやり!

雇用促進住宅は全部税金で建てたんだろ。
仮に建設を地元で反対されたって、無視して予定通り、建てちまうじゃねェか。

期限を設けて追い出しなさい。ちゃんと筋を通しなさい。
やるべきことを事務的にやりなさい。

なんでこういう時だけ「お役所仕事」ができないの?

公務員の優遇は、この国の人種差別か?