ひき逃げがすべてだ

ひき逃げが相次ぐ原因として、厳罰化があげられる。

酒飲んで運転していた場合、危険運転致死傷罪との兼ね合いなど、現行犯で「酒酔い」までとられるより、一端、逃げて酔いをさましてから捕まった方が得、という理不尽な損得勘定が成立してしまうから。

目の前で怪我させた相手がいるのに、放置して逃げたんだから、ひき逃げした時点で「危険運転致死傷」含めた最重量刑にするのは当然。

酒飲もうが飲むまいが、覚せい剤をやってようが、

「ひき逃げ」したら、ハイ終わり。

これでいいだろ。

ひき逃げ捜査を簡単にする車を作れ。
部品のかけら一つ、塗料少量からでも車種、果ては持ち主まで判明してしまうような、車個体識別製法みたいな。車にも一台ごとにDNAがあれば効率化できる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする