なぜ、世襲だらけになったのか、を考えないと・・・

「世襲規制」つまり選挙結果が間違いだということか?

世襲議員に規制を設けようという動きが出ているな。

世襲議員がウザイことは間違いないが、
本筋から言ったら規制なんてまったくのナンセンスだろう。

誰でも立候補できるし、それを選ぶのは有権者だ。

問題の本質は、なぜ、世襲議員だらけになっちゃったのかということだ。

世襲議員だけが裏口当選したわけじゃない。

選挙で選ばれた結果として現状があるのだから、選んでしまった有権者の政治感覚の乏しさをあらためて世に問うべきだ。

「こんなことでいいのか?」

というべきなのだ。

「有権者が選んだ結果が間違っているから規制する」

なんと程度の低い話だろう。

有権者も愚かなら、愚かな有権者に選ばれた者たちの示す解決法も愚かだ。

また、次の選挙の焦点は「世襲と献金」とかいってるけど、誤魔化されては駄目だ。

あらゆる問題に解決意欲が示されなければならない。
焦点を絞るフリしてすり替えが行われないよう監視が必要だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする