これじゃ警察は裏金作り放題だ

「捜査報償費の開示認めず 仙台高裁」

宮城県警の平成11年度捜査報償費をめぐり、仙台市民オンブズマンが関連文書の開示を県に求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は29日、支出のほとんどを架空と認めて大部分の開示を命じた1審判決を取り消し、すべて非開示とするオンブズ側逆転敗訴を言い渡した。
大橋弘裁判長は「捜査報償費の一部が組織ぐるみで不正使用された疑いがある」としながらも「適正とうかがわせるものもあり、個々の支出が架空との確たる証拠はない」と指摘。

「組織ぐるみで不正使用された疑いがある」
「適正とうかがわせるものもあり…」

そうすると、一部分でも適正であれば開示しなくていいってことじゃん。

訴訟は不正に使われたものについてを問題にしているんだから、
「組織ぐるみで不正使用された疑いがある」なら、それが開示を認める根拠になるだろ。
支出のほとんどを架空と認めた「1審判決」が妥当。

警察の裏金問題が全国的であることが疑われながら、
なんら解決の方向に向かわないで不信感をつのらせているのに、
この判決は誰の利益を優先したものか?